お客様の声

VOICE

札幌市 O様邸

札幌市 O様邸

【建設中】のインタビュー

竣工年月
2011.10
家族構成
ご夫婦・お子様2人
工 法
ウレタン断熱パネル2×6工法 CIRC
構 造
木造2階建て

クリオスを知ったきっかけは何ですか?

まず、子供の学区が変わらない土地を探してて、そこがたまたま豊栄グループさんの土地で。そのときはまだ、クリオスさんを知らなかったんですけど、お友達がクリオスさんでお家を建てて、営業の方を紹介していただいたんです。

ほんとに偶然。

家を建てようと思われたのはいつ頃ですか?

2年くらい前からですね。

ただ、僕ら転勤族で、札幌に建てたいね、っていう話はあったんだけど、市外にいるときに、プランを考えようと住宅メーカーにハガキを出しても、施工エリア外です、みたいな感じで帰ってきてしまって、なかなか札幌の情報が引き出せなかったんですね。で、去年(2010年)の春にたまたま札幌に転勤になってから、本格的に。なので、2年前とはいっても、結局は1年前くらいですね。

他社もいろいろ検討されましたか?

いっぱいね。

札幌市内は全部見に行ったんじゃないですかね、たぶん。オープンハウスも大体毎週。

営業の方と…、っていうのも何件も。でも、土地はなかなか見つからなくて、その間に家のことをいろいろ調べたりとかしてたんだよね。

モデルハウスで見るポイントは何かありますか?

やはり、吹き抜けが欲しかったので…。最大の目標は、リビングの梁にハンモックをかけることだったんですよ(笑)

なので、どうしても梁と吹き抜けは必要で。そういうお家ばっかり見てたかなとは思いますね。あとは、家族の空気を感じられるような家にしたかったんで、階段の位置を見たりですとか。

そうですね、階段は居間にあるかどうかとか。

プレイルームとかも…。あとは、収納ですね。とにかく収納をみんなどういう風に付けてるのか見てました。

収納が出来て、スッキリした感じにしたかったので。かつ、カビないことですね。

それはすごい大事で、クリオスさんのお家はカビない、って。

建物の構造についてはいかがですか?

ウレタン断熱の家を他のメーカーさんで見た時に、いいね、って、でも、高くて。そしたら、今回たまたま紹介していただいたら、クリオスさんがウレタンだったんで、あぁ、良かった、って感じで。

すごい密閉度が高いって。

たくさんのモデルハウス等をご覧になられて、電話等のセールスはありませんでしたか?

いっぱい来ましたね、ただ、希望の地域で土地が見つからないと、という話はしていたので。

最初は土地を優先的に。いいところの土地を見つけてくれたところで、建ててもいいかなぐらいな感じで。

土地が見つからないことには、話にならないから。

やはり、ここら辺はなかなかなくて。土地情報の電話とかはすごかったね、あと、土地情報のコピーがいっぱい入った手紙とかもらったり。

では、他社でお見積もりやプラン作成まではなされなかったんですか?

1社ありましたね。

でも、金額がかなり…、それで、辞めたんです。そしたら、たまたまクリオスさんを紹介していただいて。

土地もあって、気密性のいい家で、あとは、いい営業さんですね、別におだてるつもりはないですけど、営業さんが良かったですね。

クリオスの営業は、他社の営業とは違いましたか?

違いましたね。フットワークが軽くて。

軽いですね、早い、話がポンポン進むというか。

対応もすぐ。それこそ、紹介してもらって、たまたま僕が土地を見てたんですよね、そしたらすぐ電話が入って、偶然にも営業さんがこっちに向かってたんですよね、電話交わして一分もしないうちに現場に現れちゃって、それも素晴らしいなぁと思って。

最終的にクリオスにした決め手はなんですか?

土地と家の構造と…、全部だね。あと、営業の方と。

ほんとに全部が、合致したって感じですよね。今の段階では、ここだけは妥協しました、っていうのはほとんどないですね。

一生に一回の大きな買い物なので、ほんと良かったです。

不安や心配なことはありませんでしたか?

地震に対して、構造的な部分は、ちょっと気になりますね。ただ、土地は調査だとすごい地盤がしっかりしていて、杭も入れなかったんですよ。

あと、2×6は地震に強いし。

それを聞いてるんで、心配はしてないですね。

不安や心配なことはありませんでしたか?

高いものなので、逆に向こうもクレームがつくと大変っていうリスクがあると思うので、あまり心配はしていないですね。あと、現場も見に行ってますけど、話の分かるすごくいい大工さんで。なので、そういう部分での心配は、今見てても感じてないですね。

よく現場には行かれるんですか?

最初はよく行ってたんですけど、夏に帰省したりで忙しくて、最近は行ってなくて。

夏休み前に行ったときは、「見ていいですかー?」って言ったら、「どうぞどうぞ入ってください」って、気軽に見せてもらって。

職人さんや大工さんとはよくお話をされますか?

そうですね。なんか職人さんって、最初は怖いイメージがあったんですけど、全然そんな感じじゃなくて。なので、気軽に行ける感じですね。

バイクを入れるスペースをつくってるんですけど、たまたま親方さんがバイク乗る方だったんで、それで盛り上がったり。

お打ち合わせは楽しかったですか?

楽しかった。

やはり今の時代の家づくりって、ほんとにバーチャルっていうか、言ったことをイメージ的なもので見せてくれるんで、すごく分かりやすかったんですよね。

それに、ショールームに行くと、全部実物があるじゃないですか、あれが良かったよね。コーディネーターさんとも、直接外壁も合わせたりとかしながら。

大変ではなかったですけど、一番驚いたのは、畳を選ぶときに畳のへりまで選んでください、って言われたときには笑いましたね、そこまで選ぶのかぁ、って。

どういったご要望を出されましたか?

シンプル?

シンプルでちょっとナチュラルっぽい感じのお家にしたくって。あと、明るい家にしたかったですね、お日様が入ってね。

クリオスの提案はいかがでしたか?

ほとんど僕らでイメージを固めていたんですよね。写真をもうペタペタはりつけて、図面も出して、こうしたいっていうのを全部出したら、そのイメージで出してくれて。

うちに住宅雑誌がもう何冊もあって、それを全部張ったりとかして、こういう風にしたいっていうのを持ってったんですね。なので、コーディネーターさんも、設計さんもたぶん分かってくれて。

設計期間は短かったと思うんですけど、結構何回も変更して。

4、5回ですね。

行く度に僕ら、「いや、こうしてください」って。

迷惑かけた(笑)でも、嫌な顔一つせず、直してくださって。

ここ直すのは構造上問題ない、とかもすぐ言ってくれて。

あと、営業の方も一級建築士だったので、設計上の話もいろいろわかってくれるのは良かったよね。打ち合わせもほとんど一緒にいてくれて。

デザインで言っちゃうと、やはり構造上の問題が出てくるじゃないですか、要望を言っても、構造上駄目です、って言われちゃうと納得しますよね。でも、その代わり、ここをくりぬいて…、とか、階段をこっち側に出して…、とか代案をすぐ言ってくれて、それも分かりやすかったですね。

コーディネーターの方もナチュラルな感じっていうか、話しやすい柔らかい感じの方で。

僕らがどういう部分を不便に感じているかとかもわかってくれる方で、それをこう変えたいっていうのもすごく伝わりやすくて。

良かったよね。毎回申し訳なさそうに、「もう一つまだ決めるところが…」って。階段の各部分の色ひとつにしても決めないといけないんで、こんなところまで決めるんだって、思いましたけどね。住宅メーカーって、ここはこれになっちゃいます、っていう、ある程度妥協しないといけない部分が出てくるじゃないですか?

標準仕様というのがあって、決められるところが限られてる部分はありますね。

でも、クリオスさんの標準仕様は種類が多く、標準の幅が広いなぁ、と思ったんですよね。これ標準ですか?みたいな。

その幅が、クリオスさんなのかなぁと。

逆にうちはもう最初から、ナチュラルな感じでとか、イメージが固まってたんで、扉とか決める時も、これがいいね、みたいにポンポン決めたら、「まだあるんで、もっと見てください!」みたいな感じだったんで。

早いって言われましたね。壁紙はすごい厚い本渡されたんですよね、2冊も。

最初、くらっときたけど。

でも、すぐ1週間後には決めて。

クリオスさんのモデルハウスをまた見に行って、参考にしたりして。

プランづくりは楽しかったですか?

はい。楽しかったのが、終わっちゃったよね。

今は、逆に出来上がる楽しみがあるんで。